CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
amazon1
amazon2
amazon3
amazon4
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

ARTRAY

アート鑑賞ナビゲーター藤田令伊のブログ形式のメディアです。
展覧会レビュー、アート鑑賞のヒント、アートニュースなどアートに関する
effectiveな情報を発信しています。アート以外についてもときどき書きます。
<< 「アンパンマンのマーチ」 | main | クインテット−五つ星の作家たち >>
飛鳥資料館
奈良・古代
困ったことに昨年末来の古代史への関心が持続している。正直なところ、いまの瞬間風速的には、本業のアートよりも古代ロマンのほうが興味が高まっていることを否定できない。なので、今後ともちょくちょく古代史関係の投稿をすると思うが、どうか広い心で見てもらえればありがたい(「いったい、フジタは何を書いているのだ!?」と思われたら読み飛ばしてください)。


どうしていまさら古代史への関心が湧き上がっているのだろうと考えるに、やはり、自分が奈良出身だからということが大きいと思う。いろいろ知れば知るほど、自分が育ってきた土地はこんなにも興味深いところだったのか、と改めて驚きを禁じえない。住んでいたときには何とも感じていなかったのが、じつにもったいないことをしていたと嘆息してしまう。そんな気持ちが高じて、とうとう年明けには正月帰省のうちにと、飛鳥資料館へ足を運んでしまった。



飛鳥資料館


ここは名の通り、飛鳥の古代にまつわる展示が見られるところである。奈良文化財研究所の施設なので国立ということになる。明日香村には万葉文化館というのもある。そちらは奈良県立で、やはり古代の歴史を紹介するが、「万葉」とついている通り、万葉集に軸足を置きつつ、文化的側面にスポットを当てて飛鳥資料館との違いを見せている。だが、事情をよく知らない人間にはどっちがどうなのか、わかりにくいように思われる。あるいは財政的にも決して楽ではないだろうから、国立と県立とはいえ、貴重なリソースが分散してしまっている感じがしないでもない。


それはともかく、飛鳥資料館は谷口吉郎設計の数奇屋風の建物になっている。谷口吉郎といえば東京国立近代美術館の設計者である。息子の谷口吉生も建築家で、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館やニューヨーク近代美術館新館を設計している。また、父の吉郎は東京国立博物館東洋館を、息子の吉生は同じ東京国立博物館の法隆寺宝物館をつくっており、親子二代で東博の施設を設計している。谷口親子は美術館や博物館を多く手がけており、アートを本業とする私ともあながち縁がないわけではない(と強引に結びつけておこう)。



古代飛鳥の復元模型


館内に入ってまず目に飛び込んでくるのは古代飛鳥の復元模型である。巨大なもので、奥行き6、7メートルはあるだろうか。模型を見て思わず唸ってしまうのは、飛鳥はかつてのほうが見事なたたずまいだったということだ。中心地には高度な計画性を見せる都が造営されており、文化度の高さが見て取れる。はっきりいって、現在の明日香村より遥かに整備が行き届き、かつ美しい。古代人は物質的にはプリミティブだったかもしれないが、文化的には決して現代人に劣っていなかったと実感させられるものがある。


模型の左上から右下へとくねくね曲がりながら流れているのが飛鳥川で、ほとんど今日の姿と変わらない。飛鳥川の右側に整然と展開しているのが飛鳥板葺宮もしくは飛鳥浄御原宮である。総して飛鳥京跡というそうだ。だいたい6世紀末〜7世紀後半に都として営まれたというから、いまから1400年の昔になる。1400年も前にこれだけの都をつくっていたとは、古代人の底力に感服するものを覚えないだろうか。


この飛鳥京で中大兄皇子が蘇我入鹿を殺害し、いわゆる大化の改新がなされたわけだ。歴史として捉えると単なる知識・情報にとどまるが、こうして模型とはいえ古の都を眺めつつ、現在の場所と照らし合わせて想像すると、大化の改新も紛れもなく実際にあったリアルな出来事としてイメージされてくる。





当時の兵士の姿も復元されてあった。↑のようないでたちで、甲冑を身につけ、弓矢を使っていた。これも驚くことに江戸時代ぐらいまでと大して変わらない姿をしている。刀や槍も使用されており、蘇我入鹿は中大兄皇子に槍で斬殺されたという。当初は手下の二人が入鹿を殺す手筈だったが、いざとなると二人とも怖気づいてなかなか実行しないため、辛抱できなくなった中大兄が自ら手を下したという。


これはとんでもない事件である。事件が起こったのは三韓(百済、新羅、高句麗)からの使者に皇極天皇がまみえる儀式の場であった。入鹿は当時、事実上、政権を握っていた実力者だった。現代に当てはめれば、天皇も臨席するアメリカ大使の歓迎式典で総理大臣がいきなり皇太子に殺害されたみたいなもので、そう考えればどれほどの大事件だったかがイメージできようというものだ(なお、この暗殺事件そのものは乙已(いっし)の変といい、その後、中大兄皇子が中心となって実行した行政改革全体を大化の改新という)。


というふうに、飛鳥資料館みたいなところは、それまでは知識や情報でしかなかったものを、ほんとうに現実にあった出来事として生々しく実感できるようにさせてくれる。歴史を人間ドラマに転換してくれる装置といってもいいだろう。正月帰省も終わって東京へ戻ってしまったから、なかなか再訪できないのが残念である。中高生のあいだにもっと行っておけばよかった。



庭に置かれた亀石のレプリカ。後方には猿石も